ごんた屋製品のお問い合わせご注文はNORIまでお気軽にお電話下さい。

ごんた屋てんちょうNORIのブログ

ロボットは感情を持てるのか?

WRITER
 
アンドロイドロボット
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

人間型ロボットは作れる

人類は、多機能なアンドロイドは作れるかもしれない、

現段階でも、テスラ社が人に変わる労働力として、多機能ロボットを

開発中である。

2023年にはテスト的に導入されるようである。

アンドロイド

このアンドロイドは人間に変わり、様々な用途に使われるだろう。

SF映画のように、宇宙に飛び立つ宇宙飛行士にはアンドロイドが同行したり。

いや、アンドロイドだけですませば、人間の寿命や、食料、酸素も気にせず、

しかも人命の危険も回避できる。

今よりさらに遠くの、フロンティアへ飛び込んで行けることだろう。

フロンティアへロケットで

このアンドロイドはAI(アーティフィシャルインテリジェンス:人工知能)により

様々な対応をしてくれることでしょう。

 

AIとは高性能なセンサーを使って自動で動くコンピューターです。

しかし、それは電気的に動いているだけで、

生きた細胞でもなく、すべて、スイッチで動いているのです。

 

コンピューターはスイッチの塊

コンピューターとはなにか?

電子デバイスを知らない人に説明するとすれば、

普段点けたり、消したりしている、部屋の照明のスイッチみたいなものです。

部屋のスイッチ

みたいな。じゃなく、スイッチそのものかもです。

そのスイッチの塊がコンピューターです。

人間がONOFFするのではなく、電気的にONOFF出来る

一つのスイッチが、

トランジスタ、という最小単位のコンピューター(意訳)です。

トランジスタ

そのトランジスタを沢山集めて、

詰め込んだのが、

ICと呼ばれる集積回路です。

種類によりますが、トランジスタが、1000個とか入っています。

IC

そのICを巨大化させたのが、(意訳)

LSIです。

CPU

LSIの用途はコンピューターの頭脳CPUなど様々なコンピューター部品として利用されています。

インテルCorei7のトランジスタの数は、10億個以上です。

1cm×1cm前後のチップにトランジスタ10億個と他の電子部品が、全てが載っているのです。

 

高性能なコンピューターとは、

トランジスタの数と、その効率で決まります。

 

コンピューターに感情は作れるか?

結論、作れないと思っています。

コンピューターはスイッチの塊です。

スイッチを沢山並べて、感情が出来ると思いますか?

スイッチ

出来るわけ無いです。

 

スイッチのONOFFみたいな信号で感情ができてるとしたら、

人間の脳もそれ自身が感情を作っているのかもしれません。

しかし、それは不可能と思います。

人間の脳の電気信号処理(コンピューターと同じ)は

肉体コンピューターです。

脳波

その肉体コンピュータのONOFFの信号と、

魂という粒子(量子力学の世界観)とかが、重なって、

感情が生まれるのでは無いでしょうか?

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© NORI GONTA STYLE , 2022 All Rights Reserved.