ごんた屋製品のお問い合わせご注文はNORIまでお気軽にお電話下さい。

ごんた屋てんちょうNORIのブログ

時間がたりない、1日36時間あれば嬉しい。

WRITER
 
スケージュール管理
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

朝起きてから、1日のルーティーンが始まる。

家中の窓を開けて空気の入れ替えから始まる1日
24時間
自宅で行う仕事以外の作業ルーティーンは30分ほど、以前は3時間から5時間やっていた。

ブログを書く時間2-3時間

そしてごんた屋ショールームに移動

そして、開店準備掃除30分から1時間

なんだかんだで、これだけで5時間くらい消費する。

プールでひと泳ぎを入れ込むとプラス2時間
しろくまのプール泳ぎ
週2回ボディーメンテの日はプラス2時間

ごんた屋のブログ工作自作ドットコムを執筆すると3時間(画像から作るのでもっとかかる日も)

You Tubeのネタの考案と撮影で2時間

You Tube動画の編集アップロードで最低3時間

You Tubeだけで1日平均5時間かかっている。

字幕なんぞつけたら、プラス5時間(スキルアップすれば良いのかもですが、自分でやると他の事何もできなくなる)

そこへ、ごんた屋の作業、通販の管理、出荷、商品の管理。。

プラスお客様のサポート。

だいたい、15時間は作業でミッチリ、予定が決まった状態で生きています。

そこへ、イレギュラーが入ると、どれかの作業を諦めるしかないのです。

 

クリエイティブなことを思考する時間が足りない

タイムマネジメントをホンキで考えないと、

破滅しそう。。

ここ5年間何してきたか?

そう。。人のために時間を費やしてきた。
助ける図
自分の事業のためには全く使っていない状況だった、

そして、最近初心に戻り、創業時やっていた毎日の作業を思い出し、

今の世の中では大きく環境が変わったので、やることは変化していますが、

伝えるという事の上に成り立ってる、LED事業を真剣に捉え直して、

業界をもう一度再編したいと決めました。

当時もLED業界など一切なく、ごんた屋だけがLED事業を会社として行い、

数々の影響をこの世の中にブームとして残してきた。

今も私の考案がそのまま現代の車に引き継がれ、全世界の車に影響を与え続けています。

そのための時間を作らなければ、、、

苦手なタイムマネジメントと本気で、今日から向き合うことにしよう。

 

1日あと12時間あれば。。と安易な考え

12時間でも30時間でも、
時間がない人
1日100時間でも欲しい!

こんな思考になる人は、生きる意味がわかってる人だと思う。

それだけ、毎日真剣に生きていて、ダラダラ生きていないということである。

生産性のあるやりたいことが、無数にあるんです。

しかし、人類、地球上の生物には、皆平等に24時間だけ与えられているのです。

そのなかで、どう効率よく時間を使うか?

真剣に考えます。

 

1日にやることのリストを書き出す

あらためて、1日の詳細な、週間スケジュールを完璧に立てて、
スケージュール管理
そこを可視化する。

そして時短できるところはないか?

外注できるところはないか?

などを、あぶりだして見ます。

 

忙しいのではない

今の自分の状況は忙しくは無い、心は亡くしてない。

スケジュールがミッチリで、

充実し過ぎている状況です。

時間をつぶす。。とか私には意味不明の言葉です。

生産性の無い人(毎日なんとなく生きている)ほど、忙しいと口にしています。

その時間クレ!と思うこともあったりします(^^)

 

あとは実効あるのみで、成果はプラスでごっそりくるでしょう。

自分への覚書が日記ですから、それを、ウェブ上に記録(ログ)しているのが、ブログですね。
成功アップ
①1日のタイムスケジュールを書き出す

②1週間分つくる

③その先1ヶ月分も順次作る。

④リマインダー機能を徹底する。

⑤宇宙から降りてきたひらめきワードをキャッチしてすぐに書き留める方法をさらに精度を上げる。

⑥大事な目的リマインダーは、目に見えるところに掲示する。

⑦短期、中期、長期目標をさらに明確化する。

これらを熟して行く最中に、潜在意識にバトンを渡し続ける。

もう未来、未だに来ない、まだ来ていない、時がもう現実化したようなもの。

この文章を読んでる人より、

書いてる自分のほうが1,289倍モチベーションが上がっています(^^)

 

今日という日に感謝します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© NORI GONTA STYLE , 2022 All Rights Reserved.