ごんた屋製品のお問い合わせご注文はNORIまでお気軽にお電話下さい。

ごんた屋てんちょうNORIのブログ

今生きているこの世界は幻というエビデンス

WRITER
 
脳みそくん
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

おはようございます。NORIです。

エビデンスマニアでもないが、どちて坊やのNORIです(^^)
どうして?
常に今ある自然界のことに興味持ち、そのエビデンスを求めてきました。

それは、52年も生きてきているのに、その自然界への好奇心は、

薄れることはなく、増してしまっています。

という事で、今日のどちて?

さて解説しましょう!

 

今生きているこの世は全て幻想である

衝撃うける子
衝撃的ですね!

理由は簡単です。

今起きている現実と思っている事

全ては、あなたの脳と意識によって生み出されている仮想空間のようなものです。

見ている景色も目に入るもの全て

電磁波と呼ばれる光の波長を網膜センサーで、感じているだけです。

光の波長を感じて、脳で適当に映像として認識しているだけです。
可視光線硬膜へ
それを意識で感じて、山だなぁ。海だなぁ。今日は雨だなぁ。

と感じているだけです。

その電磁波を感じれない生き物が居たとすればそれな存在しないものになるのです。

それは実態が無いとう解釈になります。

あなただけに見えているという解釈があるだけです。

 

ラジオや携帯電話と言えばわかりますか?

ラジオの電波が見えたらどうですか?

携帯電話の通話という電波が見えたら、

この広い宇宙、この周波数の電磁波を感じれる生き物もいるかもです。

でも、あなたには見えないですね。

宇宙空間

見えない電磁波を使って、普段見える可視光線の電磁波だけ感じるセンサーの邪魔にならないように、

通信したり受信したりしているのです。

肉体ではその電磁波を感じれないので、

ラジオ機器や携帯電話というツールが有るのです。

見えないものを見えるようにするツールです。

 

全ての5感はセンサーにすぎない

暑いと感じるのは、皮膚の表面に点々とある痛点と呼ばれる

神経細胞のセンサーである。

痛点の無いところも存在する。

嘘だと思ったら、手のひらをマチ針で軽く突っついて、

痛みの無いところ見つけて下さい。

体中には神経のセンサーが張り巡らされて、

今服を着ているとか、この食べ物甘い、とか、喉が渇くとか、

センサーで感知した信号を電気信号に変えて神経を通って

延髄から脳に伝えている情報にすぎないのです。

脳みそくん

なので、脳と神経を取り去ったら?

何も感じないのです。

 

じゃぁ生きてる意味無い?

いいえ、そうではありません。

今感じている世界は幻ですが、そこには、ココロ、感情、意識がありますよね?

ココロが見えますか?

感情そのものを見ることが出来ますか?

意識を見ることが出来ますか?

心

そう。

 

そうなんですよ!

 

私たちはマテリアル(物質的)な世界に存在すると勘違いしているのです。

しかし、これは本当に、そこには物質があるのかも知れません。

ただ、

その物質には意味もなく、解釈の違い(持っているセンサー)で

有るように見える事も無いように見えることも有るのです。

 

ただ、共通することは、一つあります。

人間で例えるなら、この肉体です。この体です。

この体は、意識の乗り物です。

それを明確に認識できれば、

今度は、なぜこんな不便な肉体というパッケージの中に

自分の意識が閉じ込められているのか?

不思議に思うでしょう。

 

この不便な肉体を持っているこの仮想空間で、意識レベルを上げる

実地訓練を受けているのです。

 

じゃぁ訓練は何のためにしているの?

 

そう、

 

さっきも記した通り、意識の向上です。

その意識の向上をしなければ、肉体の中に入って

実地訓練のために地球に来た意味がないのです。

 

意識向上をするにはどうすれば?

それは、同じ意識の向上訓練校に入った、人類、そして自然と融合して

道徳心を学びまくることです。

自分自分、

仕事仕事、

金金

じゃないんです。

優しさ

意識=魂とも表現されますかね。

意識を高める為にこの仮想空間に一緒に居るんです。

訓練の目的を簡単にいうと、

幸せであり、他の訓練生も幸せにさせてあげる。

そして、不便な炭素体ユニット(肉体)ですが、

そこには、たまにバカンスがあるのです。

 

それが、上手くいく!今日は最高!と思える

一欠片のビスケットなのです。

 

大半は、訓練なのだから、

辛いんです。

四苦八苦と解かれるように。。苦難の連続です。

 

あ!訓練サボってたら、意識体に帰った時、かなり怒られるよ(^^)

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© NORI GONTA STYLE , 2022 All Rights Reserved.