ごんた屋製品のお問い合わせご注文はNORIまでお気軽にお電話下さい。メールお問い合わせからでもOKです。

ごんた屋てんちょうNORIのブログ

ごんたミストは極めて安定した次亜塩素酸成分を含む水です。

NORI
WRITER
 
50ppm以下
この記事を書いている人 - WRITER -
NORI
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

新型コロナの予防に使えますか?

コロナウィルスを用意して試験を行ったものではないので、厳密に言うとわからない。

が答えです。ただし、インフルエンザ、ヘルペスなどエンベロープウィルスには次亜塩素酸水で強力なダメージを与えられるので、同じ構造のコロナにも有効ではないかと推測は可能です。

ごんたミストスイッチ除菌

希釈混合のごんたミストと電解水について

電解水との大きな違いは、有効成分の持続力です。

電解水は生成後すぐ使用するのに向きます。生成後短期間で成分が分解されます。

作るコストも製造機も安いので、無料で配布されている場合もございますが、遮光タンクに入っておらず、ごんたミストの数百倍のスピードで水になって行くので、注意が必要です。私が紹介受けて回った施設のものはほぼ水になっていました。無料ですから仕方ないです。それと、ごんたミストを比較される方もいらっしゃるので、説明差し上げている次第です。

希釈混合(非電解)のごんたミストは、ボトルに詰めて保存、スプレーボトルに入れて使用に適しているのです。

電解水と比べpHが安定して、長期保存可能、腐食性は水道水と同じレベル。

ただし、ごんたミストは電解方式で作られた次亜塩素酸ではないので、次亜塩素酸水として食品添加物とは認められておりません。

ただし、出来たものは電解より安定している次亜塩素酸水なのです。

通常は希釈混合では完璧に混ざり合わないとされています。

なので厚生労働省は希釈混合を次亜塩素酸水とは認めないのです。

まだ反応が続いているかも知れないと言う見解なのです。

しかし、ごんたミストはしっかりと管理された高性能生成装置で完璧に希釈混合して安全な次亜塩素酸水を生成可能なのです。しかし出来たものは食品添加物として認可されません。

食品添加物とは?

次亜塩素酸ナトリウム=ハイターなどで強アルカリですが、これを薄めて殺菌に使えると厚生労働省はとなえておりますが、これは食品として提供する前に完全に除去しなさい。という定義がついています。我々、調理師業界でもコールスロー(野菜)などの殺菌に次亜塩素酸ナトリウムを30分浸水させますが、提供前に除去しなければならないので、水道水を使い流水で30分流します。

はたして、この次亜塩素酸ナトリウムを用いた消毒液が本当に安全なのか?

ごんたミストテーブル除菌

安全では無いので、水拭き(除去)が必要なのです。

ごんたミストの原料は、飲料用水+次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)+希塩酸(食品添加物)です。

ですが、出来上がった次亜塩素酸水は食品添加物では無い、という事になっています。

ただし、ごんたミストは誤ってコップ一杯誤飲しても、

目に入っても安全な次亜塩素酸水ですので、

赤ちゃんが居るご家庭でも安心して除菌消臭水としてお使いいただけます。

食品添加物にこだわるのは?

塩酸が食品添加物です。次亜塩素酸ナトリウムも食品添加物です。

両方とも恐ろしく金属やタンパク質を溶かします=手が骨まで溶けるというイメージです。

上記動画のように、塩酸は金属も容易に溶かします。

でも。。食品添加物です。

食品添加物=手につけても口にしても良い?

と言うわけじゃないということです。

電解水の次亜塩素酸水も口に入るなど人体に触れる前に除去しなさいというのが、厚生労働省の認可基準です。

塩の電気分解と粉を溶くタイプの注意点

空間に噴霧すると原料の塩分や成分が残っており

空間に同時に噴霧するかも知れないことを考えておいたほうが良いです。

それより安定したpHと適正な濃度ppmが大事です。

 

昨今のコロナウィルスで次亜塩素酸水屋さんが増えている。

我々は10年以上前から次亜塩素酸水のニッチな業界で、丁寧な解説とサポートで商売をしてきました。展示会は毎年数回、装置のメンテナンスも怠らず、国産資材にこだわりながら、顧客様に提供してまいりました。

そこからコロナウィルスの1件で、大変なことになってしまいました。

顧客様に次亜塩素酸水を提供できない

通常販売形態は20Lキュービーテナーです。

この資材も1月末から手に入らなくなり、スプレーボトルも何もかも。。

10年来の顧客様に頭を下げ続けている状態です。

通販では1Lパックやボトルを国内工場様に直談判しに工場まで行ってなんとか少しずつ生産していただいている次第です。

残念ながら、悪質な業者も存在するようです。見た目ただの水です。

どこのメーカーで、存在する会社か?担当者は居るのか?誰が作ってるのか?

そこが大事です。

次亜塩素酸水は日本酒と同じ

出来上がったものは、日本酒

ただし、それがどんなお米で、どこまで磨かれて、どこで作られて、誰が杜氏なのか?

それで味も風味も変わりますよね?

次亜塩素酸水も生物ですので、生成する過程と人間が大事と私は思います。

 

次回は、質問のメチャクチャ多い、濃度ppmについて解説したいと思います。

弊社が50ppmにこだわるには理由があるのです。

50ppm以下

この記事を書いている人 - WRITER -
NORI
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© NORI GONTA STYLE , 2020 All Rights Reserved.