ごんた屋製品のお問い合わせご注文はNORIまでお気軽にお電話下さい。

ごんた屋てんちょうNORIのブログ

部屋の空間を広げれば、人生好転する。

WRITER
 
カサブランカ
この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

空間とは、幸運スペースのことである。

そのスペースとは、まさに何もない空の場所である。
人生で1度でも、引っ越しした経験があれば、こう感じたのではないでしょうか?

最初の頃はものがなく、
やたらと、なにか置きたかった。

しかし引っ越しを重ねるたび、荷物は増え、引っ越した途端、ダンボールの山。。
引っ越して数年立っても、開けることにないパンダの箱(^^)

あるあるではないだろうか?
物が多いと、片付かない、
片付かない部屋では、目から入る情報量が多すぎて、脳が疲れる

そんな、状態で仕事も生活も安定するわけはない。
いつか使う。。。から
使う時また買えば?

その1年以上使っていなものでも、家賃払ってると思え!

持ち家や、アパートでも
そのモノのスペースにはお金がかかっている。
トランクスペースなんて、殆どの場合無駄と思う。
ましてや、冷蔵庫に眠る

食べないジャムや、バター、タバスコ、冷凍食品など、電気の浪費である。
とにかく、1年使わないものは、処分する。

そうすると、空間が広がる。
ものが減れば、掃除が楽になる、

置物や、写真立て、所狭しと、ものを置く、
これは脳内が整理されていないのと同じ、
部屋や、ディスクが散らかっていて、脳内が整理されるはずがない、
すごいスーパー頭脳があるならまだしも、

凡人だなぁと思うなら、まず片付かけからですね。

ものが無くなると、頭がクリアになる。

ものが無くなると、色の情報が減り、脳が処理する映像が少なくなる。
パソコンでもそうだ、マザーボードに刺さってるGPUがせっせと映像を作って見せてくれます。
GPU
それも、3Dゲームなどを表示させると、鬼熱持ちます。
ノートパソコンならぶっ飛びます!

それほど、映像処理には負荷がかかるのです。
人間の脳も同じです。
ましてや、掃除するとき、それらを1つ1つどけて、掃除機かけたり、

拭いたりしなければならず、掃除も億劫になり、
汚いリビングと玄関の出来上がり!

ごんた屋の仕事場も結構片付かたりするのですが、
そこは臨機応変にしないと、全部捨てると仕事にならないので
なんでもかんでも捨てると、逆に大変なことになる。
仕事や、生活に支障のないもので、無駄に専有してるものは
片付けではなく、捨てるです。

片付けは、模様替えで終わる

大掃除やったのに、物が多い。。すぐ散らかる。

それはね。。。あたりまえなんだよ!

気づいたんだ!

模様替え、位置を変更しているだけで、

部屋がちらかる
ものの量は同じ、だから、、、、
いくら片付けても、無駄ということだ。

手に取って迷ったら捨てる!

これしか無い!
これは自分に言い聞かせてるのだが、
迷ったら捨てる!
沢山背負って生きてても、結局肉体を脱ぎ捨てるときは、置いて行かねばならない。
いつか、置いていくのなら、
今、必要のないものを、手放すことだ。

空間を広げたその瞬間から、好転する人生

経験済なのだが、
一気にものを手放していくと、
不思議なことに、その瞬間から色々な良いことが起こります。

ただし、

ダラダラやると、途中で、やめちゃいます。

コツは3日で使っていない殆どの物を手放すつもりで動く
これしないと、結局邪魔されて、手放せなくなるのです。

誰に邪魔されるって?

 

それはね、、

 

 

ホラーの手

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
株式会社ごんた屋代表取締役のNORIです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© NORI GONTA STYLE , 2022 All Rights Reserved.